見込顧客と潜在顧客の定義とアプローチ法

アフィリエイトで報酬を出すなら見込顧客と潜在顧客の定義を理解し、効果的なアプローチをすることが非常に大事です。

見込顧客と潜在顧客の定義

見込顧客とはある製品やサービスに興味があり、購入する可能性が高い人です。
レンタルサーバーを例に出すと、サイト開設しようという意欲がすでにあり、レンタルサーバーを借りよう!という人たちのことですね。
潜在顧客とはある製品やサービスを必要だと気付かせてあげられれば見込顧客になり得る人です。
ネット副業を始めたい人に、サイト開設する際にはレンタルサーバーが必要だと教えてあげればその人はレンタルサーバーを借りてみよう!となるわけです。
記事の書き方でも説明しましたが、潜在顧客とはいわゆる初心者層です。
見込顧客を取り合うサイトが多い中で、見込顧客と潜在顧客をダブルでゲットできれば他のサイトと差異化をはかることができ報酬にもプラスに働きます。

見込顧客へのアプローチ

見込顧客へのアプローチはリスティング広告(Googleなどの検索結果で一番上の特別枠に出てくる広告)などがありますが、
キーワード単位でお金がかかるので、ターゲットが非常に狭くなります。また、「レンタルサーバー」のキーワードでリスティング広告しても
企業のサイトが他に出てくるので、サイト訪問が見込めなく、
明確なターゲットが決まっていないなど戦略が弱い場合には逆効果になるので、初心者にはお勧めできません。
レンタルサーバー比較サイトを運営するのもアリですが、
ホームページの作り方を解説してレンタルサーバー比較サイトに繋げた方が見込顧客だけではなくて潜在顧客も獲得でき、
SEOでもコンテンツが多い方が上位表示されやすくなります。
よって最初のうちは潜在顧客を獲得できるようにすることがアフィリエイト成功への近道になります。

潜在顧客へのアプローチ

潜在顧客へのアプローチは、例えばとにかくお金を稼ぎたい人がいるとします。
そういった人にアフィリエイトのやり方を紹介することで、レンタルサーバーの成果報酬を見込めます。
また、そもそもお金が稼ぎたいという広いニーズを満たせればよいので、投資コンテンツやポイントサイトなどの成果にも期待できます
お金を稼ぐ→アフィリエイトに繋げる部分が一番実力が出るところだと思います。
アフィリエイトは誰でもできる、初期費用が投資よりかからない、
などメリットを推しつついかに魅力的な文章を書いて顧客の心を引き付けられるかどうかが成約のカギとなります。
コツはとにかく多くの人が書いた文章を読んでみてください。購買意欲が高くなるような文面はどんどん吸収しましょう。
といってもコピペは絶対にダメなので自分の言葉で表現しましょう。

今もっとも稼ぎやすいポイントサイトモッピー公式サイトはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント