当サイトをワードプレスに移行した5つの理由

当サイトを開設して一年が経とうとしていますが、キリも良かったので当サイトのコンテンツを全てワードプレスに移行することに決めました。

ワードプレスとはPHPというプログラミング言語を使って自動的にHTML化してくれるものです。
サーバー側がPHPで受け取った命令を読み取り、実際にページを見る私たちにはHTMLとして吐き出されるわけです。
移行した理由はワードプレスを使うことによって静的なページ(HTMLとCSSのみ)のサイトを構築していくより圧倒的にメリットが大きいと判断したためです。

移行することにした理由を紹介します。

テンプレート

ワードプレスには豊富なテンプレートが存在します。
無料なものから有料なものまで様々ですが、無料でもなかなかのクオリティがあります。
テンプレートを使うことでサイトデザインが苦手な私でもすぐそれなりのサイトを作ることができました。

ちなみに当サイトも無料のテンプレートキングさんのテンプレートを使わせていただいてます。

プラグインの豊富さ

プラグインとは様々な機能をワードプレスに加えていくことができるものです。
例えば自動的にSEOを最適化したり、JQuery(動的なコンテンツを作る際に必要な言語。当サイトのトップページの動く画像もプラグインで作っています。)
これを導入することで一から勉強する必要がなく、したかったことが簡単にできてしまいます。

更新のしやすさ

ワードプレスは様々なPHPファイルでできており、その中でもテンプレートごとにいくつかのPHPファイルが存在します。
例えばコンテンツ部分、ヘッダー部分、サイドバー部分と別れており、簡単な命令を書くだけでここにサイドバーのPHPファイルを呼び出しますよー
といったことができるのです。

そのような感じで上手く作られており、本文を書くだけで自動的にサイドバーやヘッダーなどの共通部分が表示されます。
これが静的なページだと、共通部分は一回一回更新するたびに変更しなければならず、ツールなどを用いないと非常に面倒でした。

SEO

テンプレートによりますが、サイドバー、パンくずリストなどが自動的に全ページに挿入されるため、Googleにサイトの構造を伝えやすく、Googleのロボットが迷わずサイトをクロール(巡回)してくれるようになります。

これも静的なページでは手で更新していかなければなりませんしたが、SEOに対して知識がなくても最適化することができるようになりました。
Googleの最高責任者であるマット・カッツ氏もこう述べています。

WordPress is a great choice

WordPress automatically solves a ton of SEO issues.
WordPress takes care of 80-90% of
(the mechanics of)
Search Engine Optimization (SEO)
(Matt Cutts、「WordCamp San Francisco 2009」での講演映像の3:11~の部分より(スライドの11ページ目))
(意訳)
ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。
なぜなら、ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれて、SEO(サーチエンジン最適化)の手法の80%~90%に対応するように作られているからです。

Google検索の責任者やSEOの天才も認めるWordPressのSEO効果
このことからもワードプレスを使うべきですね。

ブラウザから更新できる(FTPソフトがいらない)

これが一番のメリットかもしれません。
例えばHTMLとCSSのみでサイトを作っていると、HTMLとCSSのファイルをサイトにアップロードしなければなりませんでしたが、
ワードプレスを使うことによって、ブラウザで本文を書くだけでサイトを更新することができ、CSSファイルもブラウザで編集できるようになります。
これができることによって、外出先で更新したいけどパソコンがない…ってときにスマホ一つで更新できるようになったのです。

以上の理由からこれからはもっと皆様により良い情報を届けるためにワードプレスに切り替えました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

今もっとも稼ぎやすいポイントサイトモッピー公式サイトはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント