コミケのせどり・転売で大きく稼ぐ!稼ぎ方まとめ

コミケのせどり・転売で大きく稼ぐ!稼ぎ方まとめ

コミケとは

コミケ(コミックマーケット)とは東京ビッグサイトで年2回行われる
同人誌の販売イベントです。

人気作家が書いた同人誌は人気があり、オークションで高く取引されています。

また、最近では企業も公式グッズを販売するようになり、コミケ限定のものが多いのでこちらも高く取引されることが多いです。

通常3日間で開催され、なんと3日間で50万人以上の動員数を誇るので、
舐めてかかっていると何も買えないという事態もあり得る過酷なイベントです。

その分需要が多く、供給が少ないイベントなので転売で大きく稼ぐチャンスがあるわけです。

コミケの戦い方

初めてコミケに行くとその人の多さにおそらく圧倒されます。まず初めに心の準備が必要です。
Twitterなどで転売ヤーとして叩かれるのも覚悟しておきましょう。(笑)

そして人気商品を買うためには必ず始発から並ぶようにしましょう。
10時から開場で、さらにそれぞれのコーナーで並ぶことになりますが、そのくらいしないと
人気商品は買うことができません。
(コミケでは徹夜で並ぶのは禁止されています。しかし、徹夜で並んでいる人がいるのも事実です。徹夜で行く場合は自己責任でお願いします。)

コミケは真夏と真冬の過酷な時期に開催されるので暑さや寒さ対策は万全にしておきましょう。救急車で運ばれる人が毎年いるくらいです。

東京ビッグサイトのマップ

東京ビッグサイトフロアマップから引用

ビッグサイトの構造は西展示場企業ブース東展示場同人ブースとなっています。
同人ブースは3日間のうち出版サークルが毎日違うのでそれぞれ違う商品が販売されますが、企業ブースは3日間で販売される商品は変わりません。
また企業ブースは大抵初日に在庫を一番確保しています。そのため初日は企業ブースで戦うのが良いでしょう。

初めに人気の出そうな商品を下調べしておき、
コミケの公式サイト
Webカタログが無料で見られるのでどの商品がどの企業でどの場所で販売されるのかをじっくり確認しておきましょう。

実はこの作業が一番重要で、開場してからや、次の商品を買いに行く際に
一直線に狙っている商品にたどり着けるかがどうかで商品を手に入れられるか手に入れられないかが変わってきます。

朝早く並ばなくてもいい裏ワザ手段

実はこのコミケには出版する参加サークルのみに配られるサークルチケットというものが存在します。

本来サークル参加者が、販売ブースの準備のために早く会場入りできるものですので
サークル参加者じゃないと得られませんが、開催時期が近づくとヤフオク1日分のサークルチケット2万円前後で売られています。

チケットの転売行為は違反行為なのですが、コミケの参加者はあまりにも多く、取り締まりきれないのが現状です。

サークルチケットを使うことで、開場前に並ばずに欲しい商品の販売ブースのみで並べばいいことになります。

2万円のリスクは大きいですが、それだけ人気の商品が早く買えるので次に狙っているブースにも早く並ぶことができるようになり、
その分多く商品を仕入れることができます。うまく買うことができれば2万円以上の儲けはあっという間に出すことができます。

気をつけるべき点はサークルチケット入場者もかなり多く、その中でも前のほうに並ばないと無駄な時間を使うことになります。

サークルチケット参加者の開場時間は7時30分なのでそれまでに入れるようにいつでも準備はしておきましょう。

仕入れが終わったら

すぐにヤフオクで出品しましょう。ライバル達が次々と出品し、リアルタイムで相場が下がっていきます。
また高額商品が多いので必ずモッピーを経由して出品しましょう。リスク軽減&利益上昇を狙うことができます。

ヤフオクを使うならモッピーを活用しよう!

今もっとも稼ぎやすいポイントサイトモッピー公式サイトはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント